即効性のある方法の限界とは?

お腹にハート

 

つらい妊婦の便秘では、まずは即効性のある方法で解消したいと思うことが多いのではないでしょうか。

 

一番即効性のある方法としては、やはり下剤や浣腸など強制的に腸を刺激して排出する方法があります。しかしご存知の通り、そのような方法は妊婦さんにとってはリスクが高い解消法です。

 

腸の刺激が子宮の収縮を促進し、早流産につながりかねないとも言われているからです。

 

また、そのような危険が回避できたとしても、薬剤は胎盤を通して胎児にも影響を与えることがありますから、妊娠中の薬の使用はできる限り控えたいところです。

 

苦しくてたまらないときは医師に相談の上で使用する必要がありますが、それらに頼ることは避けたいところです。

 

妊娠中に使える便秘薬と注意点
妊婦は浣腸を使っても大丈夫?

 

浣腸や下剤以外で即効性が高いのは、ツボをマッサージしたり、無理のない体操やストレッチを行なうことで外部から腸に刺激を与えることです。

 

これなら適度に行なう分には安心ですし、一定の効果を望めます。

 

それでも即効性のある方法だけでは限界があるのも事実です。

 

妊娠中は女性ホルモンのバランスの変化や子宮が拡大することによる腸の圧迫など便秘になりやすい条件が揃っているため、一度苦しさから解放されたとしても、その後も便秘を繰り返すことが多いのです。

 

なるべく出産までの便秘の苦しみを軽減するためには、やはり食事や飲み物を通して腸の機能をスムーズ保つことと、毎日理想的な便がつくられるように心がけることが大切です。

 

このことを習慣として続けるのはなかなか大変ですが、便秘解消を目的としてつくられたオリゴ糖だったら、一日スプーン一杯を飲み物に混ぜるだけで腸の働きに大きくプラスになります。

 

体言談などを見てみると即効性という点でも、飲み始めてから割りと早いうちに効果を実感する人もおられるようです。

 

 

妊婦さん全員におすすめしたい!絶品オリゴ糖はこちら