妊婦のタケダ漢方便秘薬の使用は慎重に

市販の便秘薬のほとんどは妊婦に不向きなものですが、漢方であれば効き目が穏やかなものもあるので医師から処方されることもあります。

 

タケダ漢方便秘薬についても、「漢方なら自然由来の成分なので妊婦でも安全に使えるのでは? 」と考えてしまいそうですね。

 

しかし、タケダ漢方便秘薬については妊婦が自己判断で使用することは避けたほうがよさそうです。

 

この点は武田薬品工業の公式ページのQ&Aで、「(妊娠中に)服用したい場合は、必ず主治医にご相談いただき、その指示に従ってください。」と明示されています。

 

タケダ漢方便秘薬には確かに自然由来の生薬が配合されていますが、その成分の一つである大黄(ダイオウ)については妊婦にとってはあまり好ましくない働きがあります。

 

大黄は大腸に強制的に刺激を与えて腸の働きを活発にし、排便を促す働きがあります。この大腸への刺激が子宮の収縮につながり、早流産の原因となることが考えられるのです。

 

市販の便秘薬の多くもこのような大腸を刺激するタイプのものであり、妊娠中についてはこのタイプの下剤の使用は慎重に判断しなくてはなりません。

 

一方、妊婦の便秘によく用いられる下剤のタイプは、酸化マグネシウムなどの浸透圧性下剤と呼ばれるもので、こちらは腸内に多くの水を呼び込むことで便を出やすくするものです。

 

このタイプなら妊娠中でも安心して使うことでき、副作用もほとんどありません。

 

ですから、下剤の使用に関しては必ず医師に相談して、医師から処方してもらうのがよいでしょう。

 

これまでタケダ漢方便秘薬を使ってきて、これが自分に合っているのでどうしても使いたいという場合には、その点について主治医にご相談されてみてください。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!おなかにやさしい便秘解消法はこちら