妊婦の便秘の元となる運動不足

妊娠中に便秘になってしまったときには、まずは体操・ストレッチで気軽に体を動かしてみることをお勧めします。

 

妊婦は安静を心がけるあまりに妊娠前と比べるとどうしても歩く機会が減ったり、運動する機会も少なくなる傾向があります。妊娠をきっかけに休職された方なら尚更でしょう。

 

運動不足になると、腹筋など腸の運動を支える筋肉は衰えていきますし、妊娠中期から後期になると拡大する子宮によって腸が圧迫され、ますます腸の働きは鈍くなってしまいます。

 

こうして腸の働きが弱くなることが妊娠中の便秘の原因の一つとなりますから、無理なく運動することで腸を鍛えてあげれば、少しずつ腸の働きも良くなって便秘の改善に役立ちます。

 

そのために効果的な方法が体操・ストレッチです。

 

適切な体操を行えば、腸の収縮運動である蠕動(ぜんどう)運動のための筋力が強化されます。それに腹筋が鍛えられると腹圧も強くなりますから、トイレで無理にいきまなくともスッキリできる場合が多くなることでしょう。

 

さらに体操を行うことで大きくなった子宮に圧迫されていた腸も少しずつ動けるようになり、働きが良くなっていくことでしょう。

 

便秘中の妊婦でも安心して試せる体操

 

便秘解消に体操・ストレッチが役立つとはいえ、おなかの赤ちゃんへの影響を考えると自己流で行うのは避けたほうがよさそうです。

 

特にお腹を圧迫するような運動、骨盤近くを動かすストレッチは慎重に行ってください。また逆立ちやうつ伏せになって行う体操はNGです。

 

運動でもジョギングや登山など体に負担のかかりすぎるものは向いていません。

 

それでは妊娠中でも安心して続けられて便秘改善に役立つ体操・ストレッチをいくつかご紹介します。

 

腰回し体操

1 足を肩幅ぐらいに開いて立ちます。
2 両手を腰にあてて、右回りに腰をゆっくりと10回まわします。ちょうどフラフープをゆっくりと回すような体勢です。やや大きめの円を描くように回しましょう。
3 次に左回りに同じくゆっくりと腰を回し、10回行います。回す方向の膝を軽く曲げておくと動かしやすくなります。

 

この体操でお腹全体を動かして腸に刺激を与えることができます。

 

腰ひねり体操

1 あぐらをかいて床に座ります。背筋はピンと伸ばします。
2 両手は肩の高さにあげて、上半身をゆっくりと無理のない角度まで右にひねります。顔は後ろを振り向きます。
3 今度は反対側のほうへ同じようにしてゆっくりとひねります。背筋を伸ばし、背中や腰が丸まらないように注意してください。
4 これを片側5回ずつ行います。

 

この体操で姿勢を正しくし、腸への圧迫を和らげて動きやすくしてあげます。また胡坐をかいた姿勢は、骨盤を広げて股の関節を柔らかくしますから安産の為にも役立ちます。

 

片足上げ体操

1 仰向けに寝て、片方の足の膝を曲げて足裏を床につけます。
2 足裏をつけていないほうの足を膝を曲げずにゆっくりと上げていきます。
3 上げた足をゆっくりとおろし、今度は反対の足を同じようにゆっくりと上げていきます。
4 片足ずつ交互に繰り返し、計10回ほど行います。

 

この体操で腹筋が鍛えられ、腸の動きを良くするのに役立ちます。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!おなかにやさしい便秘解消法はこちら