妊娠の初期症状は人によって様々

妊娠したことのサインである妊娠初期症状は、人によって様々な兆候や感じ方を経験します。

 

すぐに思いつくのは「生理がこない」ということかもしれません。だいたい1週間以上生理が止まると妊娠の可能性も考えられます。

 

しかし、それ以外にも妊娠の初期症状は多種多様で、腹痛を感じたり、熱が出たり、胃のあたりがムカムカしたりなど様々な症状としてあらわれます。

 

そして、そのような初期症状のひとつにあげられるのが便秘です。もともと便秘気味ではなかった人が、最近排便の頻度が減ってきて数日でないことが増えてきたというような場合に妊娠の兆候である可能性もあります。

 

これは妊娠することで女性ホルモンのバランスが変化するためにおきる症状で、プロゲステロンというホルモンが多く分泌されることで腸の働きが抑制されることが原因となっています。

 

腸の働きが普段よりも落ちるわけですから、お通じにも影響して便秘になっていくのです。

 

 

もちろん便秘の原因は様々で、食生活の乱れやストレスなどでも起きますから、単に便秘が続いているという理由だけでそれが妊娠と関係あるとは判断できません。

 

他の妊娠初期症状が見られるかどうかということも併せて考える必要がありますし、妊娠しているかどうかがはっきりしていないときは検査薬で調べることが早道です。

 

妊娠していたら便秘薬の使用にご注意

 

もし便秘が妊娠の初期症状として起きているのであれば、便秘薬や浣腸の使用が制限されますから注意が必要です。

 

市販の便秘薬の多くが大腸刺激性のものであり、効き目が強いために子宮の収縮をまねき流産につながることがあるといわれているからです。

 

浣腸を使うことについても同じ理由から慎重にならなくてはなりません。

 

それで妊娠が疑われるときやはっきりと分かっている場合には、自己判断で薬を飲んだり、浣腸を行うことは控えましょう。

 

まずは食べ物に気をつけたり、マッサージで便秘を改善できればベストです。

 

それでも便秘が悪化して薬を使わなくてならない状況であれば、病院を受診して妊婦でも安全に使用できる薬を処方してもらうことができます。

 

そして、妊娠がはっきりしていないときは、一定期間にわたって妊娠の検査を行ない、便秘が妊娠の初期症状から起きているかどうかを早めに確認しておくことが必要です。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!おなかにやさしい便秘解消法はこちら