なぜ妊娠9ヶ月に便秘になるの?

妊娠9ヶ月の便秘は主に赤ちゃんの成長と共に大きくなった子宮が、腸を圧迫してしまうことで生じます。この時期に便秘になるとトイレでどんなに頑張ってもなかなか出ないという方が多いようです。

 

つらい症状が続いて苦しいときには我慢しすぎることは禁物です。ますます腸内環境も悪くなり便秘が悪化する悪循環に陥ってしまうかもしれません。

 

いろいろ便秘改善に良さそうなことを試したけど、どうしても出そうにないというときは、まずは詰まったものを出してしまうことが優先です。

 

そのような時は医師に相談の上で妊娠中でも使用できる下剤を処方してもらったり、浣腸をしてもらいましょう。

 

妊娠9ヶ月になると赤ちゃんの胎内での発達も最後の段階に入りますから、あと一息です。しかし、便秘だけでなく腰痛に悩まされたり、貧血、動悸や息切れなど体調面のストレスも増大する人が多いようです。

 

出産後には自然と治っていく場合がほとんどですから、今は工夫をして上手に乗り切りましょう。

 

妊娠9ヶ月の便秘と腹痛の注意点

 

妊娠9ヶ月目には腹痛やお腹の張りを頻繁に感じるようになっていきます。これは主に胎動や前駆陣痛によるものですが、一方で腹痛は便秘によっても起きますし、心配なケースでは切迫早産のときも下腹部痛を感じることがあります。

 

ですから、腹痛がどのような種類のものなのか、緊急性が高いのかどうかを判断する目安を知っておくことが必要です。

 

腹痛の感じ方は人によって様々ですが、出血したり、破水がある場合、またしばらく安静にしているのにお腹の張りがおさまらないという場合は切迫流産が考えられるので急いで病院を受診しましょう。

 

心配な腹痛が起きたときにすぐ異常に気づくためにも、便秘を解消して必要以上に腹痛を感じることのないようにしておきましょう。

 

妊娠9ヶ月の便秘を軽減する

 

この時期に痔になる妊婦さんも多いようです。ひとつの原因として、便秘で硬くなった便をいきんで出そうとすることから痔につながると考えられます。

 

硬い便が肛門周囲を傷つけたり、いきんで無理に出そうとするときに周囲がうっ血して痔になります。

 

ですから、トイレで長い時間無理していきむようなことは避けましょう。また便秘自体を早く解消しましょう。

 

妊娠9ヶ月の便秘対策としてピッタリなのがオリゴ糖食品です。

 

オリゴ糖は腸内に棲むビフィズス菌の大好物なので、毎日摂取し続けることでビフィズス菌を活発にし、増殖させる作用があります。

 

その結果、腸の働きも良くなりますし、腸管内に水分が呼び込まれますから、硬かった便も段々とやわらかくなってスルッと出やすくなります。ですから、便秘や痔の予防・改善に役立つというわけです。

 

特に多くの妊婦さんから高い評価を得ているオリゴ糖食品は「はぐくみオリゴ」という商品です。

 

はぐくみオリゴは主に便秘で悩む妊婦さんを対象として開発されたオリゴ糖食品です。より効果を高めるために数種類のオリゴ糖をブレンドしてつくられています。

 

また無添加・無着色の自然原料のみでつくられていますから、何よりお腹の赤ちゃんにしてもやさしいのです。

 

はぐくみオリゴ公式サイト

 

↓ 詳細はクリックしてください ↓
はぐくみオリゴの公式サイトはこちら