産婦人科に行くタイミングは?

エコー写真

 

妊娠中はお腹に赤ちゃんがいることで普段とは状況が違うので、普段は平気な人でも便秘になったり緩くなったりと、さまざまな変化が現れます。

 

便秘になってしまうとその後は下痢をする確率も高くなってしまいますので、妊婦さんは特に気になりますよね。

 

では、妊娠中に便秘になってしまったらどうしたらよいのでしょうか?

 

結論としては、体内に排泄物を溜め込むのはあまりよくありませんので、4日以上続いてしまったらさすがに薬の力を借りましょう。

 

ビオフェルミンなどは妊婦さんでも飲めますが、産婦人科で先生に相談し、産婦人科からお薬を出してもらうのがベストでしょう。

 

妊婦さんでも安心なマグラックスなどのお薬を出してくださいます。

 

自分で市販の薬を購入してもやはり本当に赤ちゃんに影響が無いのか心配が残りますし、下痢を誘引してしまうお薬もあります。その点、産婦人科でお願いすれば安心して利用することが出来ます。

 

しかし、なるべくであれば薬には頼りたくありませんよね。普段の食生活を見直し、バナナやキャベツなど、繊維の多い食物を取るように心がけ、適度な運動もして腸の動きやすい環境を作ってあげるようにしましょう。

 

また、これは赤ちゃんにも出来る方法ですが、お腹を「の」の字にさすってあげると排便が促されます。

 

お腹には赤ちゃんがいますので、あくまでも優しく、あまり力は入れすぎないようにしましょうね。

 

妊娠中だから絶対に薬は使用しない方がよいというわけではありませんので、ケースバイケースで上手く利用していきましょう。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!おなかにやさしい便秘解消法はこちら