妊娠中に浣腸を使う場合の条件

リラックスした妊婦

 

便秘でどうしても苦しいときは、浣腸を使ってすぐに楽になりたいと思いますね。

 

妊婦であっても浣腸の使用が絶対にダメというわけではありません。

 

しかし、市販の浣腸薬の注意書きにはほとんどの場合、妊娠中は使用しないことが望ましい、または医師の相談上で使うようにとされています。

 

これは浣腸の使用によって大腸を刺激するため、それが子宮の収縮につながって早流産につながりかねないと思われているからです。

 

ですから、大方の意見では妊婦の浣腸はやめたほうがよいというものです。

 

ところが産婦人科では妊娠中でも浣腸を行なうところも少なくありません。

 

実際に産婦人科医でも「浣腸をして早流産になった人は聞いたことがない」と言われるほどです。

 

早流産にいたる確率としてはあまり高くはないのかもしれません。

 

また医師の場合は、妊婦のそのときの体調や状況を診た上で判断し使用するので、危険性としては少ないのかもしれません。

 

そうはいうものの、少しでも胎児に影響を与えたり、危険の可能性のあるものはやめておきたいとも思うかもしれません。

 

最終的には自己判断でということになりますが、市販の浣腸薬を自分で使用するのはやめておいたほうがよいでしょう。

 

何かあったときの対処も遅くなりますし、後から自分をひどく責めて苦しみつづけることにもなりかねません。

 

妊娠中に浣腸を行なうのであれば、どうしても苦しいときに限って、病院で行なうというのが最低限の条件だと思います。

 

また浣腸を使わなければならないほどの便秘の苦しみを繰り返さないことも大切です。

 

日ごろから「これ!」という自分に合う便秘対策法を見つけることができればすごく安心できます。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!おなかにやさしい便秘解消法はこちら