妊婦さんからの喜びの声が続々のカイテキオリゴ

妊娠中のつらい便秘に悩む妊婦さんたちが、続々と喜びの声を上げているのがオリゴ糖食品のカイテキオリゴです。

 

カイテキオリゴ公式サイトへ

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

カイテキオリゴの購入者掲示板には、毎日のように妊ママからのスッキリ報告が寄せられています。

 

その幾つかをご紹介したいと思います。(公式掲示板より引用)

妊娠7ヵ月のママです!!妊娠初期から便秘に悩まされてて、いろんなサプリメントを試しましたが、なかなか改善されず困り果てていた時に『カイテキオリゴ』をインターネットで見つけました。

 

毎日ヨーグルトに入れて食べてたんですが、効き目がありすぎて困るくらい便が出てしあわせです(´ω`)笑 (東京都 M.U様 )


2人目を妊娠・出産を機に便秘との闘いが始まりました…(T^T)

 

カイテキオリゴを知る前は酵素や便がでるお茶等を試していましたが効果が出ず…便秘薬を服用する日々。そんな中インターネットの口コミが凄いカイテキオリゴと出会いました。

 

正直今回も効果がないだろうと思い注文するのを止めようかと悩みましたが物は試しで注文してみる事にしました。

 

注文から数日後カイテキオリゴが届き早速朝と夜豆乳に混ぜて飲みました。(かなりの便秘症なので最初から2杯にしました)

 

すると翌朝、すっきりとはいきませんが便秘薬なしで便意が!!本当にビックリしました!それからとゆうもの毎日のように排便があり今では便秘薬とはおさらばです(^^)/

 

すっきり排便出来る日までカイテキオリゴは手離せません!!(広島県 2児ママ様 )

 

オリゴ糖はなぜ便秘にいいの?

考える女性

 

「便秘にオリゴ糖?」という感じで、オリゴ糖が便秘を解消すると聞いても、イメージの浮かびにくい人が多いようです。

 

そうですよね、普通は便秘に効くものと言えば、便秘薬以外では発酵食品のヨーグルトとか食物繊維の多いプルーンなどの食べ物が思い浮かびます。

 

確かに便秘にいいと言われる食べ物や飲み物はいろいろとありますが、実際のところは目指すのはただ一つなんです。

 

それは善玉菌を増やすということです。

 

ヨーグルトには善玉菌そのものが含まれていますし、食物繊維は善玉菌のエサになり増殖を助けます。

 

そして、善玉菌を増やす上で、最もダイレクトに作用するのがオリゴ糖なんです。

 

オリゴ糖は今いる善玉菌を元気にする

 

妊娠中の便秘の主な原因は、女性ホルモンの変化や子宮が拡大することで腸の働きが停滞してしまうことです。

 

善玉菌が増えるなら、善玉菌の産生する乳酸や酢酸が腸を内側から刺激し、腸の働きを促進します。ですから、善玉菌を増やすほど便秘の改善に役立つわけです。

 

そして、善玉菌を増やすためには、大きく分けて2つの方法があります。

 

ひとつはプロバイオティクスという方法で、善玉菌を外から取り入れて増やすやり方です。ヨーグルトや乳酸菌サプリメントを摂取するのは、この方法です。

 

でも、長い年月をかけて安定した腸内フローラに、外から新入りの善玉菌が入っていってもなかなか定着しにくいという問題があります。

 

そこで、もうひとつの方法として、既に腸内に棲息している善玉菌に働きかけて、それを増殖させようとするプレバイオティクスがあります。これは善玉菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖を摂取することで実現します。

 

ベストなのは、プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせて、今いる善玉菌を元気にするとと同時に、外からの新入りの善玉菌も定着しやすくすることです。

 

豆乳ヨーグルト+オリゴ糖はそのような効果を狙ったすぐれた方法です。豆乳ヨーグルトの作り方
自家製豆乳ヨーグルト

 

カイテキオリゴが妊婦さんにおすすめの理由

 

善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維は、様々な食物に含まれています。

 

では、なぜ食物から摂取するよりもカイテキオリゴを摂取するほうが優れているのでしょうか?

 

もちろん食物から摂取するのも良い方法ですが、食べられる量には限界があります。

 

たとえば、大豆には大豆オリゴ糖というオリゴ糖が含まれていますが、その含有量は水煮大豆100gに対して0.79gしかありません。便秘の時は1日5g以上のオリゴ糖を摂取する必要がありますから、水煮大豆なら1日600g以上を食べなくてはなりません。

 

食品からオリゴ糖を摂取することのもう一つの問題点は、食べられる種類に限界があるという点です。

 

オリゴ糖は食品によって含まれている種類が異なります。例えば、タケノコやトウモロコシにはキシロオリゴ糖、玉ねぎやアスパラガスにはフラクトオリゴ糖が含まれています。

 

善玉菌にもいろいろな種類が存在しますが、それぞれの菌によって好むオリゴ糖の種類が異なります。ですから、摂取するオリゴ糖の種類を増やすほど、たくさんの善玉菌を元気にできるというわけです。

 

でも、食物からオリゴ糖を摂ろうとすると、量の面でも種類の面でもどうしても限界があるのです。

 

そこで、カイテキオリゴが役立ちます。

 

カイテキオリゴは、食物からオリゴ糖の成分のみを抽出しており、それ以外の余分なものは含まれていません。ですから、スプーン1杯で1日の必要摂取量5gが摂れます。

 

また、この5gの中に6種類のオリゴ糖が便秘に効く最適の割合でブレンドされています。ですから、数えられないほど大勢の妊婦さんたちが絶賛しているわけです。

 

下の写真は我が家に届いたカイテキオリゴです。
カイテキオリゴ商品写真

 

幾つかのオリゴ糖食品を比較しましたが、時間がたってもサラサラしていてベタつかないところは他の製品にはない大きなメリットだと思います。
サラサラのカイテキオリゴ

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

他のオリゴ糖製品とどう違うの?

 

オリゴ糖と言えば、シロップタイプの製品がよく売られていますよね。こうしたタイプのオリゴ糖の多くは純度が低くて、砂糖など余分なものが含有されています。

 

実際にオリゴ糖が含まれている率は30%〜50%と言われています。しかも、含まれているオリゴ糖の種類も1種類のみということがほとんどです。

 

妊娠中はカロリーも気にしなくてはなりませんから、砂糖などの甘味料が含まれているものを毎日摂取するのはあまり好ましくありません。

 

カイテキオリゴなら、オリゴ糖の純度がほぼ100%ですから、1日わずか5gの摂取でOKです。カイテキオリゴ5gのカロリーは10Kcalで、砂糖の約半分という低カロリーです。

 

さらにその中に、6種類のオリゴ糖がバランスよく配合されていますから、妊娠中の便秘改善が目的ならカイテキオリゴがお勧めです。

 

カイテキオリゴでママも赤ちゃんも元気に

優しくお腹をさする妊婦さん

 

妊娠中の便秘はママの健康はもちろんのこと、お腹の赤ちゃんの健康にも影響します。関連記事:胎児を有害物質から守れ!

 

妊婦ママの腸内環境が生まれてくる赤ちゃんの腸内環境の基礎となりますから、できるだけ良好な腸内環境で出産のときを迎えたいですね。

 

そのためには、善玉菌を増やすための毎日の習慣が欠かせません。

 

カイテキオリゴなら、1日スプーン一杯をドリンクに混ぜて飲むだけですから、簡単で続けやすいところがいいですね。

 

体に合わないときは、25日間の全額返金保証もついていますから、安心してお試しください。

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら