奇跡の果物がプルーン

ドライプルーン

 

妊婦は何を食べるかについてもいろいろと気を遣いますね。

 

プルーンに関しても妊娠中は食べないほうが良いとか、逆におすすめの食品に挙げられていたりと、混乱してしまいそうですね。

 

覚えておきたいことは、どんな食品でもバランスよく取り入れている限り問題になることはないということです。

 

プルーンについても適度に食べる分には妊娠中の健康にとってたくさんのメリットがあります。

 

でも、体に良いからと食べ過ぎると逆に害になる可能性があるということなのです。

 

では、妊娠中にプルーンを上手に活用するためにメリットとデメリットを整理しておきましょう。

 

妊娠中にプルーンを食べることのメリット

プルーンには、妊婦が特に必要とする栄養素が豊富に含まれています。その栄養価の高さから「奇跡の果物」「果物の王様」などと言われています。

 

例えば、貧血を防ぐ鉄分や妊娠中に不足しやすいカルシウム、胎児の発達に重要になるビタミンB群やビタミンDなどの栄養を多く含んでいます。

 

さらにドライフルーツになったプルーンの場合は成分が濃縮されている分、生のプルーンよりもグラムあたりの栄養価が高くなります。同じ量を食べるのであれば、乾燥したプルーンのほうが食物繊維や鉄分、その他ミネラルやビタミン類などの栄養を何倍も多く取れるというわけです。

 

おいしそうなプルーンそして、プルーンといえば便秘解消に役立つ食材としても有名です。プルーンには食物繊維が多く含まれ、さらにソルビトールという糖質が含まれています。

 

食物繊維は善玉菌のエサとなり腸を活発に働かせてくれますし、便の元となって腸の運動を促進する作用があります。

 

ソルビトールの方は、下剤にも使われる成分であり、小腸や胃で消化吸収されずに大腸まで届き、浸透圧の高さから腸管内に水分を呼び込むように作用します。その結果、便がやわらかく出やすくなるというわけです。

 

このようにプルーンは妊娠中に必要とされる栄養素が豊富で、便秘解消にも役立つというメリットいっぱいのフルーツなのです。

 

妊婦がプルーンを食べたときに考えられるデメリット

フレッシュなプルーン

 

妊婦にとってメリットの多いプルーンですが、全く問題はないのかというと、少し気がかりな点もあります。

 

ひとつはビタミンAを豊富に含んでいると言う点であり、もうひとつは便秘解消に役立つソルビトールが悪いほうに働くこともあるという点です。

 

特に妊娠初期にビタミンAを過剰に摂取すると赤ちゃんの奇形発症率が高くなるという報告があり、様々な書籍でも注意が呼びかけられています。

 

またソルビトールも摂取しすぎるとお腹がゆるくなって下痢になります。下痢も頻繁に繰り返すと子宮の収縮を促進して早流産につながることもあると言われますから注意が必要です。

 

ですから、妊婦のプルーンの摂取は量に気をつけるということが大切になってきます。どんなにおいしくても毎日に何十個も食べるようなことは妊娠中には避けたほうが良さそうです。

 

一方で、一日数個をヨーグルトやシリアルと一緒に食べるのは、健康面でメリットばかりなので上手に活用していきましょう。

 

強い赤ちゃんが生まれる妊婦のための栄養摂取法こちらへ