普通に食べる量なら心配ない

藁で作られた納豆

 

妊娠中は食べ物に何かと気を遣いますよね。食べ物で心配になることの一つが大豆イソフラボンの摂り過ぎです。

 

納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品には大豆イソフラボンという成分が含まれますが、これが胎児の成長に悪影響を与えるのではないかと言われています。

 

納豆一方で、納豆は妊婦に必須の葉酸を多く含み、栄養バランスにも優れています。また発酵食品として腸内環境を良好にする効果も期待できますから、便秘になりがちな妊婦さんにとってはありがたい食材でもあります。

 

そこで、妊娠中に納豆を上手に活用するためのポイントを整理してみましょう。

 

納豆に含まれる大豆イソフラボンについて分かっていること

現在のところ研究を通して分かっていることは、大豆イソフラボンを単独で過剰に摂取すると女性ホルモンのバランスが乱れるということです。

 

研究報告によれば、閉経前の女性が一定期間大豆イソフラボンを食事に取り入れ、豆乳も1日コップ2杯程度飲み続けたところ、血液中のホルモン値が変動して月経周期に若干の延長が見られたとのことです。

 

そのように女性ホルモンへの影響が分かったことから、妊娠中に大豆イソフラボンを摂り過ぎると胎児にも悪影響があるのではないかと言われるようになりました。

 

お腹の赤ちゃんの影響については実際のところははっきりとしたところは分かっていません。それでも、動物実験では生殖器官に影響があったことなど有害性が報告されています。

 

このようなことを聞くと、やっぱり納豆は食べないほうがよいのでは?と思ってしまいますよね。

 

しかし、ここでのポイントは大豆イソフラボンの成分を単独で摂取した場合に有害性がみられたということです。

 

つまり、サプリメントやその他の健康食品で大豆イソフラボンを大量に摂取することにはリスクが伴いますが、通常の食事の範囲で大豆製品を取り入れることは問題とはされていないのです。

 

そもそも、納豆や豆腐、さらには大豆から作られる味噌や醤油などは日本の伝統食であり、昔の時代から妊婦であっても普通に食生活の中で取り入れてきました。

 

そうした大豆食品によって胎児に障害が生じるならば、とっくの昔に大問題になっていたことでしょう。

 

妊娠中の大豆イソフラボンが今のように騒がれるようになったのは、健康ブームによってイソフラボンだけを大量に含有する健康食品が出回るようになったためです。

 

まとめますと、妊婦にとってサプリメントなどで大豆イソフラボンの成分だけを過剰に摂取することは危険ですが、食事として一般的な量の納豆を食べることには何の問題もないということです。

 

妊婦が活用したい納豆の健康効果

納豆には、以下のように妊娠中の健康に役立つ優れた成分が多く含まれています。

 

・ビタミンB群(葉酸)

特に妊娠初期に多く必要な葉酸はビタミンBの一種であり、納豆1パックに60μgと多く含まれます(葉酸の推奨摂取量は1日400μg)。他にもビタミンB6やB12など妊娠中に特に必要とされるビタミンもきちんと含んでいます。

 

・ナットウキナーゼ

血液をサラサラにし、血栓塞栓症の予防にも役立ちます。

 

・カルシウム

妊娠中は、胎児の骨・歯を生育するためにカルシウムが多く必要です。不足するとママ自身の骨や歯から溶け出して補われますから、そうなると後から骨粗しょう症の原因になるとも言われています。

 

・大豆レシチン

レシチンは胎児の脳の発達に良いといわれています。胎教の本の中にはレシチンを飲むと賢くて良い子になると教えているものもあります。

 

・食物繊維

食物繊維は腸の健康を保ち便秘を防ぐのにも欠かせませんが、納豆は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが理想的な食品です。

 

納豆を上手に食べて元気な妊婦生活を

納豆を箸で持ち上げてみる

 

(1)食べすぎには注意する

納豆であっても1日に4,5パックも食べてしまうと大豆イソフラボンの過剰摂取になってしまいます。納豆は1パックでも十分な栄養価がありますから、1日の摂取は2パック以内に抑えて、また豆腐など他の大豆食品を食べるときは納豆の量を減らすなどの工夫をするとよいでしょう。豆乳ヨーグルトと納豆はどちらも発酵食品ですから、腸を整える目的で食べるのであれば、日替わりでどちらかだけを食べるという摂取の仕方がよさそうです。

 

(2)加熱しない

納豆を加熱すると、せっかくのナットウキナーゼの成分は失われてしまいます。なるべく加熱せずに食べたほうが健康効果は高いようです。

 

(3)保管は冷蔵庫で

納豆は常温で放置すると再発酵が進んで品質が悪くなりやすいようです。買ったらすぐに冷蔵庫で保管しましょう。

 

(4)添付のタレは使わない

市販の納豆に付いているタレは食品添加物が含まれていることが多いようです。赤ちゃんのためにもなるべく食品添加物の摂取は減らしたいところですから、添付のタレやからしは使わずに無添加の醤油で食べたいですね。

 

強い赤ちゃんが生まれる妊婦のための栄養摂取法こちらへ