妊娠中の便秘薬との付き合い方

お腹をおさえるマタニティ

 

妊婦さんにとって、妊娠中にどこまで便秘薬に頼っていいのか、迷うところですよね。

 

便秘薬を使いすぎると早流産につながるなどと聞くことがありますから、とても心配になります。

 

しかし、便秘薬は正しい知識をもって上手に付き合えば決して心配するようなことはありません。

 

便秘薬でやっちゃいけないこと

まず便秘薬を使う時の注意点から取り上げてみたいと思います。

 

一番避けなければならないのは、市販薬を自己判断で使用するということです。

 

これはなぜかというと、市販薬の多くは大腸を刺激する成分が含まれているからです。

 

そうした刺激性の便秘薬は効果は強いのですが、大腸の刺激が子宮にも影響すると言われており、これが早流産につながる可能性があるとされています。

 

ですから、そうした下剤は注意書きに「妊娠中の使用は必ず主治医と相談するように」と記載されています。

 

特に6〜11週の妊娠初期に服用するのは、危険度が高いので注意しましょう。

 

妊婦さんも大丈夫な便秘薬

便秘薬にも様々な種類があり、前述の大腸刺激性の下剤よりも効き目の穏やかなものがあります。

 

例えば、酸化マグネシウムの使われた下剤は、腸に水分を呼び込むことで便を軟らかくして体外へ排出しやすくします。

 

刺激が少ないので妊娠中も安心して使えます。

 

そのような安全性の高い便秘薬をいくつかご紹介します。

 

マグラックス・マグミット

酸化マグネシウムを成分とする下剤です。妊娠中の下剤としてよく処方されます。

 

マグラックスやマグミットは効き目が緩やかで安心して使えます。腸管内に水分を集めて、便を軟らかくし、また増大させます。

 

そのような効果で便を出やすくするとともに、増大した便が腸を刺激し、間接的に腸の働きを活発にする作用があります。

 

クセになることも少なくて、常用しても効き目があまり落ちないという特徴があります。

 

ただし、刺激性の薬と比較すると効果は弱いので、人によっては全く効かなかったり、徐々に効かなくなるという場合もあります。

 

マグラックスやマグミットを服用する時のポイントとしては、コップ1杯ぐらいの多めの水と一緒に飲むと効果的です。

 

ラキソベロン

ラキソベロンは、ピコスルファートナトリウムという成分を含むお薬です。

 

大腸刺激性の下剤ではあるのですが、これに関しては妊娠中でも必要最小量であれば問題ないとされています。

 

ラキソベロンは即効性が高く、副作用も少ないので病院でもよく処方されます。

 

ただし、刺激性のものですから、容量と用法に関しては必ず医師の指示通りに行ってください。

 

また長期に常用するのには向いていない薬です。刺激性の便秘薬全般に言えることですが、長期間使うと薬で刺激しなければ腸が動かないという依存状態になりやすい特性があります。

 

ラキソベロンは、あくまで便秘で苦しくてしょうがない時の非常手段ととらえたほうが良さそうです。

 

便秘薬より毎日の便秘対策

長い妊娠期間中を便秘薬に頼って過ごすのは不安ですし、効かなくなった時の苦しさは大変なものです。

 

それを避けるためには、毎日の便秘対策をしっかりと行う以外にはありません。

 

食事や運動などやったほうがいいことは色々とありますが、一番簡単で続けやすいのはオリゴ糖習慣です。

 

オリゴ糖は大腸を直接刺激するのでも、腸管に直接水分を呼び込むのでもありません。

 

腸内細菌に働きかけるという点が便秘薬との大きな違いです。

 

実は腸内細菌に働きかけるのは、便秘の根本的な解決になるだけでなく、腸内環境を良好にしてママと赤ちゃんの健康レベルを高めることにもつながります。

 

腸内に棲むビフィズス菌はオリゴ糖をエサとして、乳酸や酢酸などの酸をつくりだします。この酸が腸の働きを刺激して、運動を活発にしてくれます。

 

また酸を薄めるために腸内に水分が呼び込まれ、これが便を軟らかく出やすくします。

 

つまり、いつもビフィズス菌の多い腸内環境を作っておけば、常に便秘薬と同じような効果が保たれるということなのです。

 

これなら副作用も効かなくなるという心配もありません。

 

しかも、ビフィズス菌の多い良好な腸内環境は、美肌・血糖値の安定・精神の安定など幾つもの美容・健康効果をもたらしてくれます。

 

妊娠中に避けて通れないのが便秘の問題ですから、毎日のオリゴ糖で積極的に対策をしていきましょう。

 

 

妊婦さん全員におすすめしたい!絶品オリゴ糖はこちら